ポリマー・ファインケミカルやプロパー製品、化成品のシンコー技研株式会社/ごあいさつ

トップページ サイトマップ プライバシーポリシー
社長挨拶経営理念

企業の存在意義は、永遠に存続して行くことにあります。
当社は、創業より40年にわたりファインケミカルの研究開発・製造に傾注し、独自の商品開発をすると共に、受託製造支援にも携わって参りました。そこで培った技術・ノウハウの蓄積を礎に、提案開発型企業として、開発テーマの研究からの立ち上げを顧客と共に進めて行き、確実・迅速対応をモットーとして市場へと繋げて居り、数々の成功実績がございます。
グローバルな大競争時代に要求されるのは、知力・即戦力・機動力です。この顧客の価値観の切替えのインターバルが短期になっている世情に対応する為には、物造りをするメーカー側がそれに対応すべく変化しなければなりません。この競争の中での技術の凌ぎ合いにより、淘汰され、勝ち残った者のみが次のステップへスパイラルアップできるのだと信じています。
更に上を目指すには、一つ一つの目前のテーマを成し遂げ(連綿としたWIN-WIN)、顧客の信頼を得続けて行くしかありません。信頼を失うのは、瞬時ですが、本当の信頼を得るには、成功の積み重ねが必要です。常に顧客の立場で考えて実行する事により、要求事項に応えながら成功体験を積み重ね、顧客と共に満足感を得て行けたら、これ程の幸福はございません。
これからは、更にファインケミカル業界もグローバル化の波が押し寄せ、淘汰されて行く事でしょう。
その中で‘’キラリと光る企業’’でいる為には、各々の社員が内面から輝く事が大事です。5Sの中心は、“躾”であり、教育は、全ての根底にあるという事に疑いの余地はありません。弊社の社員綱領にもございます様に、「優秀な技術者たる前に常識ある社会人たれ」を決して忘れる事なく社会に貢献して行きます。
「不変である為に変化する」何故ならば、そこにより高い満足度を求める顧客があり、それに対応する技術があり、世界的な競争があるからです。
より高度な技術・品質を追及される顧客の要望に添える様に、日々技術者チームとして鍛錬し、真に必要なパートナーと認められ、その都度弊社の存在意義を確認して行く所存でございます。


代表取締役社長 府川 毅

シンコー技研株式会社
〒101-0037 東京都千代田区神田西福田町3番地(新樹ビル)
TEL:03-3252-4771/FAX:03−3252−4776
Copyright (C)2006 Shinko giken, Inc. All Rights Reserved.